養生シートを利用する|作業の際に大活躍!土のう袋と養生シートの特徴

ポイントを押さえて選ぼう~養生シートの特徴~

養生シートを利用する

建設現場

広告機能のある養生シート

養生シートも種類がたくさんあります。宣伝を目的とする看板シートは、足場などにつける養生シートに好きな写真やデザイン・ロゴを印刷できます。会社名・連絡先をいれる事で広告機能を発揮するのです。工事中、どこの業者が施工しているかなどを直接目でみることができるため、宣伝効果が高くなります。まわりの人も何かあった時に、施工業者が分かれば安心です。また看板シートは業者のイメージも伝わりやすく、問い合わせのきっかけにもなります。

広告用養生シートの製作なら専門業者へ

広告用といっても、どういう物を作ればいいのか分からないという人がほとんどです。専門業者に相談すれば、スタッフが対応してくれます。無料のデザインやロゴもたくさんあるのが特徴です。広告用養生シートを、よりイメージに沿ったものに作成してくれます。イメージにより近い物にする為には、予算をはじめ、大きさや素材、広告の目的、イメージなどを細かく相談する事です。製作だけでなく提案してくれるスタッフがいる専門業者だと、なお助かります。

依頼前の料金確認は必須

料金を聞かずに相談してしまうと、理想が多すぎたりする場合は予算オーバーになってしまいます。業者によって料金はまちまちです。養生シートに入れる写真等や文字数でも違います。無料で作れるデザイン・ロゴの数や、有料で作れる物の単価も違います。予算をしっかり伝えたうえで相談する事です。注文の仕方でも割引サービスがあったりするので、依頼前の確認が重要になります。サービスも業者によって多種多様です。

気軽にできるメール見積もりとは

予算がある以上、数社は見積もりをとりたいものです。養生シートの専門業者は電話だけでなく、メールのやりとりだけで見積もりをとる事ができます。写真やデザイン・ロゴなどがあっても、すべてメールで可能です。わかりやすい案内で説明してあります。対応も早いので、入力漏れのないように、まずしっかり要点をまとめて見積もることです。分からないことや疑問点もメールで気軽に質問しましょう。

養生シートを選ぶ際の4つのポイント

使用目的

養生シートを選ぶ時に大事なのは使う目的です。使い勝手が重要な要素になります。使い勝手がいいと作業効率がいいです。時間の短縮にもつながります。気分もいいです。汚れ防止なのか、なにかを傷つけないようにするためなのか、宣伝を重視したいなどの使う目的にあったものを選びます。

サイズ

目的によってサイズはちがってきます。例えば、キズを防ぎたいものが大きいのに養生シートが小さいと不便です。また、宣伝目的なのに目立たないと広告効果は低くなります。使う目的にあったサイズを選ぶ事です。

素材選び

目的とサイズはあっても使えなくなると意味がありません。養生シートの素材は用途にあわせて色々です。作業する時の使い勝手や持ち運び、保管する時なども含めて、素材は使うシーンによって使い勝手のいいものを選びます。

低価格

養生シートを使うとなっても、使う頻度や目的はことなります。長い目でみると、安くていい物がいいです。たくさんの専門業者が、色々なうれしい特典や割引などのサービスを用意していますので、予算にあったいい物を選びましょう。

広告募集中