広告にするならチェック|作業の際に大活躍!土のう袋と養生シートの特徴

養生シートの意外な使い道~デザインで広告効果あり~

養生シートを使用するメリット

養生シートには色々な役目がありますが、作業現場で発生したゴミやホコリが外まで散らばらないように使うケースもあるでしょう。そのように利用する場合は、長きに渡って同じ場所に設置するため、広告としても使うことができます。現在の技術なら、文字だけではなく写真やイラストも印刷してもらえるので、抜群の効果を持つ広告となってくれるでしょう。

広告にするならチェック

男性

養生シートのデザインは業者へ依頼しよう

養生シートを広告として使いたいなら、まずは印刷をしてもらえる業者を見つけましょう。ただし、印刷するためには広告のデザインが必要なため、作成したデータを入稿しなければいけません。もしも、デザインができないというのなら、そちらも業者に任せることができます。ゼロからすべてデザインを任せることもできますし、イメージを伝えてそれに近い形を実現してもらうこともできます。しっかりと相談をして、宣伝効果が高い養生シートを作成してもらいましょう。

シート製作業者の選び方

入校データは利用者が用意して、それを印刷するだけというところもあるため、すべてをお任せしたいなら業者選びに注意しましょう。デザインと印刷をバラバラの業者に頼むこともできますが、コストパフォーマンスがよいとはいえません。なお、イメージ通りの養生シートを作成して欲しいのなら、過去のデザインを確認も大切です。各業者の公式サイトには、過去の作成事例が掲載されている場合が多いため、そちらのデザインを確認すれば、頼みたいところが見つかるでしょう。

気になる依頼時の料金相場

養生シートの作成を頼んだ場合、素材やサイズによって料金は変わりますが、1万円未満で購入することもできます。ただし、注文枚数を増やせば、さらに安い料金で印刷ができるので、各業者に見積もりを頼みましょう。なお、多くのケースでは作成料にデザインの費用は含まれていないため、別途依頼することになります。デザインの場合はイメージを伝えることで、だいたいの費用を教えてくれるので、まずは業者に連絡を取ってみましょう。

デザインデータを業者に送る際の注意点

デザインをお願いするとしても、会社名のロゴは決まっているなら、そちらは業者に送らなければいけません。その場合、業者が対応できるデータ形式があるため、完璧な印刷を望むなら気をつけましょう。特に、大きめの養生シートを作成するケースでは、データ形式が適切なものでなければ、印刷が粗くなってしまいます。ただし、業者で指定されているデータ以外でも取り扱っていることもあるため、どうしても用意できないのなら、メールなどで相談してみるとよいでしょう。

広告募集中