土のう袋と養生シートが大活躍!2つを組み合わせて防御力を高める

目を通しておきたい記事一覧

建設現場

養生シートを利用する

養生シートには広告用をはじめ、色んな目的別に種類があります。使い勝手を考えてサイズ・素材を選ぶ事です。たくさんある専門業者から気軽に相談して、安くていい物を選びましょう。

READ MORE
土のう袋

優れた素材

土のう袋は、水害時などに、中に土を詰めて積み重ねることで、水や土砂の流れをせき止めることができる資材です。また、あらかじめ吸水性ポリマーなどが詰められていて、有事には数分間水に浸すだけで使用できるものもあります。このような、使用用途が幅広く便利な土のう袋についてここで知っていきましょう。

READ MORE
男性

広告にするならチェック

工事の現場で必須となる養生シートは、デザインを工夫して印刷してもらえば、広告としても利用できます。もしも、デザインができないのなら、そちら込みで作成してくれる業者があるので、すべてを任せてしまいましょう。

READ MORE

土のう袋が納品されるまでの流れ

購入場所を決める

工事現場などでよく使用されるのが、土のう袋。もし使うことになったら購入しなければなりません。土のう袋を販売しているところは、ホームセンターや通販があります。自宅近くに店舗がある場合や今日中に購入したいなら、ホームセンターがいいでしょう。特に急ぐ必要がないなら通販でもいいかもしれません。このように、土のう袋を購入するところを決めましょう。

注文をする

通販、実店舗店舗等、土のう袋を購入する店舗を決めたら注文をします。土のう袋は設置する場所に応じて用途、材質や数量、サイズ等を選択してください。わからないことがある場合は、電話やFAX、メールで問い合わせをするといいでしょう。

在庫確認後の流れ

実店舗の場合は、そのまま在庫の確認をして土のう袋がある場合は代金を支払って持ち帰れます。届け先を指定すると配送してくれる店舗もあるので持ち帰るのが面倒なら利用するといいでしょう。通販の場合は、注文をすると在庫確認の後、店舗側から商品代金や納期についての連絡が来るので、それを待ちます。

支払いから発送

通販の場合は店舗側から連絡が入った後、内容に間違いがないかを確認して商品代金を支払い注文を確定させます。現金、クレジットカード、代引き等、店舗によって対応している支払い方法には違いがあるので購入前に確認が必要です。

商品到着・内容確認

支払いが済むと商品の配送になります。店舗側が連絡をしてきた納期まで商品の到着を待つのです。そして、土のう袋が到着したら商品内容が正しいか、不良がないかを調べましょう。返品や交換は期間が定められているので注意してください。

土のう袋が役立つタイミングって?

土のう袋に土や砂を入れておけば、それは水害の際に大いに役立つものです。日本は台風の通り道に当たり、最近はゲリラ豪雨も頻繁にあります。重しの入った土のう袋を積み重ねて適切な場所に設置しておくと、自宅を浸水の被害から守れる可能性が高まります。そのため、土のう袋を準備して、万が一に備えておくのも重要です。

[PR]

観覧席セッティング情報!
製品ラインナップをチェック♪ 足場シートの作成を対応中♪
相談前に対応価格をcheck☆ 養生シートの作成を実施中♪
対応事例を事前に確認しておこう

工事現場で使われる物

建設現場と作業員

土のう袋はネット注文がお得な理由

土のう袋は実店舗でも購入できますが、おすすめなのは通販です。実店舗は買い物をしたその日に、土のう袋が手に入るのがいいところです。しかし、近くにホームセンター等がない場合は、買い物には若干手間がかかります。この点通販なら、時間を気にせずどこからでも注文ができます。忙しいときでも通販は便利に使えるでしょう。また、土のう袋を購入するときは、まとまった量を購入することになります。実店舗の場合なら、土のう袋を購入後自宅に自分で持ち帰らなくてはいけません。この点でも通販は便利です。商品を注文すると配達されてくるのを待つだけで済みます。

なぜ養生シートが必要なのか

土のうは、そのまま設置しても水の侵入を防いでくれものです。しかし、さらに養生シートを利用すると水への防御力を高められます。土のうを積み上げるだけではなく、ブルーシートを広げてその上に土のうを敷き詰めて、土のう袋をくるむようにして設置する方法です。土のう袋の間にある隙間を防げるので、より防水効果を高められます。これ以外にも養生シートをドアやシャッター前に敷き、土のうとドアやシャッターの間に挟んで、土のう袋をくるんでおくとより防止力を強められます。また、土のうは水の侵入を防ぐだけでなく、液状化対策でも活用されています。建築の土台としても活用されているのです。なので、液状化対策に備えておきたい場合は施工会社に相談して土のう工法で建築を依頼しましょう。

広告募集中